視力回復トレーニングで大失敗!1番オススメの方法は?

視力検査

 

私は小さい頃かテレビゲームをやっていたので視力が物凄く低かったです。私の兄も私と同じようにゲームをたくさんやっていたのですが、視力は悪く無いです。

 

自分だけ視力が悪くなったのは、とても不満がありましたが体質なので仕方ないと諦めて、中学校に入ってからから視力回復トレーニングを行い始めました。

 

まず最初に行った視力回復方法は「テレビCMで宣伝していた視力回復サプリの使用」です。

 

当時はある視力回復アプリのCMがたくさんやっていたので、私は親に頼んでそのサプリを買ってもらいました。そのサプリはブルーベリーを素材にした物で、私は学校に行く前にそのブルーベリーのサプリを1粒1年間飲み続けました。

 

そのサプリはブルーベリーを素材にしているだけで、ブルーベリーの味は一切しませんでした。そのサプリは値段が結構したのですが、親は買ってくれました。

 

しかし効果は全然無かったです。CMで宣伝してたから効果抜群だと感じてたのですが、ガッカリしました。親にも高いお金を出させてもらったので申し訳なかったです。

 

ブルーベリーサプリの次に行った視力回復方法は「電動式視力回復メガネの装着」です。

 

当時の私はある少年誌のの1番後ろのページに乗っている視力回復アイテムを見つけました。それは暇な時に目に装着する形式のもので、目に付けて5分間ずっと振動するメガネを装着し続けるという物でした。

 

結構巨大なメガネがウィーンウィーン言いながら小刻みに動いているので、人には見せると結構恥ずかしい物でした。小刻みに動くので物凄くくすぐったかったです。くすぐりに堪えるのが1番つらかったです。

 

結果的には、この電動式視力回復メガネもあまり効果がありませんでした。

 

2連続で視力回復に失敗したので、落ち込んでいたのですが、ある日家族に「外の風景を見るのが視力回復に1番目良い。できれば遠くを見る」と言われたので実行しました。

 

私の家は2階から海が見えたり、山が見えたりしました。なので私は学校から帰ってきたら2階へ行って、遠くにある山を裸眼でジーと見つめました。

 

最初の頃はただ山を見るだけで退屈だったのですが、段々山の美しさに気づいて山を見るのが楽しくなっていきました。

 

結果的に、この遠くを見るという方法が視力回復の手段では1番良かったです。

 

遠くを見るという事はただ外に出れば出来る事なので、お金はかかりません。
なので経済的にも優しいので、この方法はおすすめです。