疲れ目対策でオススメの目薬『リセ』

男

 

現在30歳になり、職業は在宅ワークをしています。

 

目が疲れたときというのは若い頃によくありました。子供の頃はあまり遊びに行かず勉強ばかりやっていました。中学生や高校生になると受験勉強ばかりでもっと大変になりました。

 

短大生のときは少し余裕がありましたが、パソコンやゲームに夢中になることもよくありました。文字やゲーム画面を見るせいか、目もだんだん悪くなっていき、目がすぐ疲れるようになりました。目が疲れると頭が頭痛がしたり、神経も堅くなっていました。

 

目が疲れるとすぐに寝れてしまいます。学校へ行ったときは、よく目薬をさして行きました。

 

今の1日のスマホの時間は3時間くらいです。3時間といってもずっと使っているわけではないし、ときどき休みながらやっています。スマホの使用時間はあまり疲れ目とは関係ないのですが、3DSをよくやっていて疲れることも多いです。

 

今はだんだん慣れていますが、昔のゲームをやると目が慣れないせいか疲れることもあります。スマホではよくポケモンgoをやっています。健康的には歩いたりしているのでいいのですが、目はよく使っています。

 

疲れ目におすすめは目薬はリセです。リセというのはビタミンが多く含まれている目薬で、目薬をさすとしゃきっとする目薬です。疲れ目にはかなりきいて目がほぐれていきます。急に疲れた目に潤いをもたらしたり、急に目が悪くなったときの処置によく使っていました。

 

目薬の色はピンク色で昔はよく入れ物と一緒について売っていました。

 

今は目が疲れたときに、目を温めたり、冷やしたりして調節しています。蒸しタオルのようなもので目をおおって休んだり、疲れたときは寝たりしています。それでも目の疲れがよくならないときはお風呂に入って目をほぐらかしています。

 

なかなか目の疲れというのは若いときと歳のときと疲れ方が違いますが、歳になると目が疲れるとしばらく続きます。そうしたときは、いくら好きでも目を離れさして休憩させたり、休んだりしています。あまり眼鏡をつけても取っても疲れるので疲れたときは取ったり外したりしています。

 

目の疲れというものは神経が凝ってしまうのでなかなか大変ですが、苦労もしています。

 

【えんきん】口コミと評価まとめ | えんきんの成分や価格は?(TOP)